2007.10.07

Sports

ラグビーW杯、準々決勝イングランド対オーストラリア

今ラグビーW杯がフランスでやってます。(日本は既に予選敗退)

今日は決勝ラウンド準々決勝のイングランド対オーストラリアをやってました。

ここ最近の世界のラグビーは、トライよりもペナルティーキックでの得点が多いので、どうも盛り上がりというかハラハラドキドキ感に欠けます。

今日も試合結果はイングランド 12 - 10 オーストラリアでイングランド勝利だったのですが、トライはオーストラリアの1トライのみ。イングランドの得点はすべてペナルティーキック。世界最高のキッカーと評されるイングランドのウィルキンソンが、一人で12得点とって、国際マッチ通算得点の世界新記録を記録して、イングランドの勝利。

すばらしい!!
ウィルキンソン調子悪かったけどやっぱすごい!!


「ペナルティー狙った方が勝てる」というレベルのラグビーができる両チームはすごい。日本じゃムリ。試合決められる程のキッカーおらんし。いまやハーフウェイラインからも普通にペナルティーキック狙う時代。世界のキッカーなら当たり前に入れてくる。そらぁそれできるならトライなんて確立低いところ狙わんわな。

でも、来年あたりルール改正で

・トライ6点
・トライ後コンバージョン3点
・ペナルティーキック3点
・ドロップゴール3点

くらいにして、チームとしてトライ狙わせんと、試合がディフェンシブすぎる。

まるで、イタリアのサッカーのようだ。
それはそれですばらしく、芸術的なのだが。