2005.10.15

Private

MTのTrackBack Spam対策(Biancaよりコピー)

Sharaku様へ

以前のエントリーにコメントいただきありがとうございますm(_ _)m

現在Biancaは、研究室のサーバ上にありまして、研究室の方針によりましてパスワード制限がかけられております。TrackBackSpamに関するエントリーをRoad to me...の方にコピーさせていただきましたので、こちらを参考にしてください。

今日Bianca's Blog(MovableType: MT)に突然100件以上のTrackBack Spamがやってきたので,コメントスパム対策のときの知識を応用してTrackBack スパム対策をしてみた.

TrackBackスパム対策

”mt.cgi”と同じディレクトリ(フォルダ)にある”mt-tb.cgi”というファイルがあります.
これを開くと下記のような記述がされています.(これはMT3.15のmt.cgiですが,おおよそどのバージョンでも同じだと思われる.)
デフォルトでは赤文字の部分は記述されていないと思いますが,この赤文字の部分(ソースの24行目〜27行目まで)を加えると,「概要が半角英数字のみのTrackBackは拒否する」という意味になります.
これで海外から来るTrackBackを退治できるはずです.

コメントスパムではこういう対処方法がちらほら検索でヒットしていますが,トラックバックスパムではこういう対処方法がどこにも書いてなかったので,lib/MT/TBPing.pmを頼りにちょこちょこmt-tb.cgiを書き換えてみました.

ソースを公開するとスパマーに対応されてしまうというご指摘がありましたので,ソースは下記の場所に移動しパスワード制限をかけました.

TrackBack Spam対処法

こちらにはパスワード制限をかけていますので,ユーザ名をrossoblu(ただしアールとビーは大文字に変更してください.小文字のままでは入れません.),パスワードをspam-mtとしてご覧ください.
これで日本語が読めない人には見れないようになったはず.一般の方には不便に感じられるかもしれませんが,ご了承ください.