2008.01.13

Drecom

早稲田の理系学生向けのセミナーで、パネルディスカッションをしてきました。

先日、おなじ同志社出身のヒゲで有名な同期から、

「早稲田大学で理系学生向けのセミナーがあるから、ちょっとエンジニアの先輩として話してよ」

的なことをいわれ、ちょっと躊躇したけどとりあえずOKしました。

確かそれを言われたのは、前の火曜日だったかな?

で、水曜日に主催者側から送られてきた資料を見たら、題目が...

「SEとは」

その時初めて思いました。

「そうか、僕はSEだったのか」と。


持ち時間は40分。
セミナーは資料を読んだ2日後の金曜日。
パネルディスカッション形式といいながら、回答者僕一人!?

セミナーに来るのは早稲田の理系の2回生で、CとJavaを1年か半年くらい勉強した位のレベル。
WebとかHTMLとかはよく知らない。
当然ムーアの法則とか計算機工学とかもまだ習ってないはず。

で、金曜日にうちの取締役と一緒にセミナーでしゃべってきました。

最初に話した取締役から、会社紹介とか最近のWeb技術の話とかをいろいろ振られたのですが、いざパネルディスカッションが始まってみると、司会からの質問攻めでそういった話は全くできず...orz
40分もあるからいろいろ話さなきゃと思って、結構いろいろ話してたら、時間オーバーしちゃいましたよ(汗

完全に経験不足&準備不足でしたm_ _m

あとで主催者の人に聞いたのですが、なんだかみんな「信号処理」とか「TCP/IP」とかを勉強しだして、「これから自分たちはずっとこんな仕事をしていくのだろうか?」と疑問に思っているようでした。

そうか、そういえば僕も「ベタの動きを手書きでなぞる実験」とか「コウモリの聴覚の仕組み」とかの授業受けてる時は、「絶対こんな仕事しね〜よ」とか思ってたなぁ〜。

そういう事情を知ってれば、もうちょっとウマく話せたかも。

まぁでも、楽しんで仕事してる雰囲気は伝えられたかなと思います。

次のエントリーでは、セミナーで話せなかった「大学で勉強していることの意義」とか、「工学部の勉強以外のことも勉強したほうがいいよ」とか、「人がやった方がいいということは、自分がやりたいこと程重要じゃないよ」とかいうことについて、僕の考えをまとめてみようかな。

ps.
それにしても、早稲田の学生達は非常に熱心に僕らの話を聞いてくれていて、関心しました。
学生さん達のあまりの熱心ぶりに、「授業もこれくらい熱心に聞くと、先生方が喜ぶと思いますよ」なんて余計なこと言ってしまった(笑

自分は教室の最前列の真ん中で、堂々と居眠りするような学生だったのにね(汗