2007.04.20

Drecom

就活に、反省なんかいらない。

就活を終えて、反省なんかしてんじゃねぇよ!!と、そういうお話。
就活中の学生に向けて。そして、すでに社会人の人にも?

--

短い間だったけど、僕も去年少しだけ就職活動ってものを経験した。

最初はどの会社を選ぼうかなぁ〜と考えていて、その基準を何にしたらいいのかわからずに、とりあえずわかりやすいところで給料と会社の売上/利益を基準にしてた。でも、そんな中でわかったことは、


「自分にぴったりの会社は、

自分だけでは選べない。」


ということ。不可能かどうかはわからないけど、だいぶ難しい。ほとんどの人は天才じゃないから。

でも、僕はみごと今の会社に出会った訳で。(まぁ「みごと」かどうかは今年1年で証明することな訳ですが)なので今は、選ぶってよりかは、出会うって感じの方が、幸せになれるのではないかなぁ〜と思っている。恋愛も選ぶ恋愛より出会う恋愛の方が素敵なように。

僕が出会えたのは、僕が運が良かったというだけじゃなくて(まぁ僕は生まれてからこのかた、相当運のいい人生を送って来たとも思ってるのだが)、M2になった僕だからこそ出会えたのだとも思っている。M1までの僕じゃ、ほぼ無理だったし、自分の中で何か大きな成長があったからこそ、出会いがあったのだと。それはスキルとか能力うんぬんじゃなくて、うまく言葉では言い表せないのだけれど、あえて言うなら

「信頼と度胸」

なのかな?

というのも、出会った後は、まず相手の懐に飛びこんでみることが大事なのだろうなぁ〜と思うのです。そして、そこで飛び込めるかどうかで、素敵な出会いを経験できる確率は、100倍とか1000倍の次元じゃなくて、0と無限くらい違ってくるのだろうと。

僕もエロ人事の懐に飛び込み、コンパ命社員さんたちの懐に飛び込み、コール大好き社長の懐に飛び込むまでは、いまの会社に行くつもりなんかほとんど無かったもの。

あと、幾度となく、会社のみなさんの財布にも飛び込んだwww

で、振り返ってみると、飛び込んだなぁ〜って思う経験って、全部劇的な成長につながってるんだよね。これが。


「反省なんていらない。

だって反省する必要がないように、

ずっとぶっ飛ばして来たから。」


と言えるように、まだ就職活動残ってる人は、悔いの無いように飛び込んでいってください。すでに就職活動を終えた人も、さらにその会社に飛び込んでかき回してやるくらいでいてください。そして、OB会で僕にこれを言えwww

--

というわけで、がんばれぇ〜、あと少し!!


ps.
あと関係者の皆様、メールの返信が遅かったりしてごめんなさい。研究室サーバのSVNレポジトリが壊れてたり、Macを会社に置きっぱなしにしてたりで、ついつい。。。