2007.01.18

Doshisha

博士論文公聴会リハーサル

本日は研究室のドクターの博士論文公聴会に向けたリハーサルが行われました。

発表時間60分という長丁場なので、区切りのいいところで分割してのリハーサルでしたが、所要時間240分(4時間)と、めちゃくちゃ白熱した研究ミーティングでもそこまでやらないだろうという位の長さでした。

あまりの長さに、最初は20人程いた観客が、時間が経つにつれてどんどん減っていきました..
まぁこればっかりは、終電やら修論やら、みんなそれぞれいろいろあるのでしょうがない。

ところで、さすがに博士論文ともなると先生方の突っ込みもキビしぃ!!
修士論文公聴会のリハーサル前に、大分ビビらされました(w

いやほんと、博士取るのって大変ですね。

あと、SAWフィルタのモデル化と評価指標がやっと分かった。
ハードウェア構成はかなりちがうけど、目的の利得特性との誤差を最小化するという部分ではGFFと似ていて、GFFよりも目標利得に対する条件が甘い問題なのですね。