2006.12.21

Private

何も知らずに踏み出した一歩もなかなかにすばらしい

最初に、このエントリーはグーグルや江島さんが訴えていることとはあまり関係ない。ただ今日の研究室の月例発表会を聞いたりしていて、ふと思ったことを書いたものだ。

グーグルが無敵ではないことはエンジニアだけが知っている | CNET Japan Blog - 江島健太郎 / Kenn's Clairvoyance

もし未来が見えていたなら、この問題はノード数の加速度的な時間発展が加わると無理くさいぞということに気がついて、まともなコンピュータサイエンティストなら捨て去ったアイデアだっただろう。そういう未来が見えなかったからこそ、こんな困難が待ち受けてるとも知らずにふらりと一歩を踏み出せたんじゃないか。

僕らは結局なんも分かっちゃいないのさ。

ドリコムも、「パソコン家庭教師」ビジネスを踏み出したことから始まった。

その結果が年間売上高39,000円だ(参考資料:財務ハイライト-DRECOM/ドリコム
でも4年後には東証マザーズ上場。

Appleに至っては、公衆電話のハッキングがスタートだ(参考資料:スティーブ・ウォズニアック - Wikipedia
それが今や新しい携帯電話機の発売元として、世界中の注目の的。

最初の一歩を批判こそすれ、褒めてくれる人なんか滅多にいない。
第一、褒められるようなことなんかまずできない。

だから今は、踏み出した一歩がすばらしいって、言い切ってしまえばいいじゃない。

いや、まぁそんだけなんですけどね(笑