2006.08.04

Monologue

学生の立場から『「光と影」の呪縛』について考える

元記事はこちら。長いけど、読むと「あ〜、あるある」って感じの文章です。

H-Yamaguchi.net: 「光と影」の呪縛

試験で学生に小論文のようなものを書かせることがよくあるのだが、その中でひとつ、多くに共通する特徴があることに気づいた。
名づけて、「『光と影』の呪縛」。
(中略)
何を書かせても「光と影」でこられたら、なんだか空恐ろしいような不思議な感じになるし、だいいち聞いてもいないのに別に決意表明をしてもらってもありがたくない。そういう問題ではない。何が彼らの思考回路をこんなふうに「呪縛」しているのだろうか。

教える側の立場からではこんな感じに見えるんですね。でもぶっちゃけ学生の立場だと...

(これ以降結構長いので注意!!)

ようは、「そう書いとけば単位をくれる」授業だと思われてるってことですよね。そして、学生にそう思わせているのは誰?と。まぁ50〜80%以上の学生は、よほどカリスマ性のある、よほど面白い講義以外はこういう反応を示すんだと思いますが。

学生は、「講義担当者が自分を"落とせない"ようにするにはどうすればいいか」を良く知っています。何せ、大多数の学生は「単位を取るプロ」なのですから。「授業を受けるプロ」でも「問いつつ学び、学びつつ問うプロ」でも無く。

第一、130単位全部に興味を持って、100%の力で授業を受けるなんて生徒、見たことないですよ。嘆かわしいですが、そうと分かっていて入学させるのは大学でしょ?学生は、「難しい入学試験受けてみたら、運良く受かったから入ってみた」だけなんだから。(オット、イイスギタゼ)

これって要するに

「ほとんどの大学が優秀でない学生も(ビジネスとの兼ね合いで?)入学させなければならないなら、大学は多様なニーズ(卒業証書だけくれればいい、教養を深めたい、研究者になりたいetc.)を持つ学生に、限られたリソースで、何を与えられるのか?」

ってことなんでしょうか?

だけど、それは大学教員に「求められている」仕事では無いですよね?だとしたら、「求められてはいないけれど、すべき仕事」を自分で見つけて実行できる教員が至急、しかも大人数必要ですよね。でもそんな「未来の教員候補達」がこれじゃ〜ねぇ〜?

と、いろいろ考えてみて...

ホント、先生って大変ですね。もうその苦労、しがない塾講師や家庭教師しかしたことの無い大学院生には想像もつかないです。しかも、大学の先生や学長達がいくら頑張ったところで、それだけでは解決できない問題なような気までしてきます。

でもこの国に生き延びる道があるとすれば、それは教育にかかってますから!!頑張って下さい!!!

ps.
そこまで沢山の事例を見ている分けでは無いですが、「単位を取るプロ」としてやっていける学生は、それなりに社会に適応できてるみたいです。そして意外に(?)博士課程まで極めた人が、人生に挫折したりもしているみたいです。まぁそこまで焦ってバタバタする必要もないかと。