2009.08.19

Ruby Rails

Hoptoad - Rails のエラー通知プラグインの決定版!

Rails アプリのエラー通知プラグインでは ExceptionNotification などがメジャーですが、それよりはるかに賢いプラグインを見つけたので紹介します。その名も「Hoptoad(ヒキガエル )」。

正確には単なるプラグインではなく、エラー通知用プラグイン+エラー管理Webアプリの組み合わせが「Hoptoad」です。

使い方は至って簡単。

Hoptoad サイトに登録

利用には API Key が必要なので、Signup Hoptpad から自分にあったプランを選んで、ユーザ登録をします。僕は個人プロジェクトの twitbackr で利用しているので、Egg (free) で十分。

プラグインインストール

プラグインは github にあります。

script/plugin install git://github.com/thoughtbot/hoptoad_notifier.git
API Key の設定
RAILS_ROOT/config/initializers/hoptoad.rb を作成し、以下のように API Key を設定します。
HoptoadNotifier.configure do |config|
  config.api_key = 'your_api_key_here'
end
HoptoadNotifier::Catcher のインクルード

ApplicationController あたりで

class ApplicationController < ActionController::Base
  include HoptoadNotifier::Catcher
  :
end
動作確認
rake hoptoad:test

あとは、エラーが発生したら Hoptoad サイトにエラー情報が蓄積されます。有料プランでは、backtrace の各行が github の特定のコミットにリンクされていたり、Lighthouse との連携も行えるようです。

無料プランでも、Hoptoad サイト内で backtrace の確認や Unresolved / Resolved の管理などは行えるので、ExceptionNotification でメール受け取るだけより断然イィ!