2006.10.10

News

GoogleがYouTubeを買収し、YouTubeは次のビジネスへ

グーグル、ユーチューブを16億5000万ドルで買収へ - CNET Japan

Googleが米国時間10月9日、ビデオ共有サイトYouTubeを16億5000万ドルで買収すると発表した。買収は株式交換によって行われる。
Googleはインターネットで人気を博すビデオ共有サイトYouTubeを獲得することにより、自社のビデオサービスを改善していく構えだ。両社のプレスリリースによれば、YouTubeは今後も独立したサービスとして運営されるという。GoogleとYouTubeでは協力して新機能の開発に取り組んでいく予定で、なかには監督志望者向けのものなども含まれるという。買収は2006年第4四半期に完了する予定。GoogleによるYouTube買収は何日も前から噂されていた。

16億ドルを超えたところで、YouTubeの独立性を維持するということで決着がついたようです。画像(Flickr)はYahoo、動画(YouTube)はGoogleですね。で、YouTubeはそれと平行で次のビジネスを展開していたようです。

ユーチューブ、メディア企業3社とコンテンツ契約を締結 - CNET Japan

 YouTubeは米国時間10月9日、Universal Music Group(UMG)、Sony BMG Music Entertainment、CBSとの提携を発表した。提携の下、これらの企業に所属するアーティストの音楽やビデオがYouTubeのウェブサイトに投稿可能になる。
CBSとの提携では、ユーザーがCBSブランドのテレビ局からニュースやスポーツ、ゴールデンアワー番組を買いとることができる。さらにCBSは、許可なくYouTubeに投稿されたCBSのコンテンツを見つけ出して除去したり、コンテンツを公開し続ける代わりに広告をストリーミングすることを選択したりすることができる。

違法な投稿に関する対応方法が固まりつつあるようです。まだコンテンツ著作権の所有者とYouTubeが直接契約を結んだ上でのレベルですが。この後はGoogleの得意分野でしょうか?許可無く投稿された映像をCMにしてしまうというあたり、なかなかいいんではないでしょうか?YouTubeの強みを生かしてるように思います。コンテンツの”売買”に関してはAppleをはじめとするライバル各社が一歩先を行っていますが、”ショーケース”としてはまちがいなくYouTubeが最大ですよね。

でも、買収された後でGoogle Videoを潰してしまうくらい、まだまだやんちゃでいてほしい。