2005.11.04

News

書籍検索に見るGoogle PrintとAmazon なか見!検索

グーグル、書籍検索サービス「Google Print」ベータ版で図書館蔵書などを公開 - CNET Japan

アマゾンで書籍購入前に“立ち読み”可能--日本5周年で設備、機能を拡充 - CNET Japan

この2つのサービスは今後どうなっていくのだろうか?
いまのところ、展開の仕方もサービスの魅力も、Amazonの方が勝っているように見える。
そして書籍検索単体としてのビジネスモデルは圧倒的にAmazonが良いだろう。
書籍内の文章をデジタルデータにするという手作業が、直接的に金銭を生み出すのはAmazonの方だし、Amazonは著作権を持つ人にメリットがあるモデルだろう。対するGoogleは、そのどちらもが欠けている。
本を売りたい人がGoogle Printにデータを送るようになるまでに、きっとその人はAmazonにそのデータを送っているだろう。