Webコミ班のプログラミング演習

Ruby on Railsでやりたいな。
何がいいって

・速い

まずJavaはアプリケーションサーバの設定からしないといけない。RailsはWebrickとかLighttpdとか勝手にサーバがついてくるので10分で環境設定&HelloWorld終了。

・速い!!

Javaだとオブジェクトのやりとりの前にオブジェクトの振る舞いを書かないといけない。でもWebアプリでオブジェクトがする振る舞いって実は大抵同じようなこと(特にController)。RailsのScaffoldコマンドはこの振るまいを書く手間を大幅に減らしてくれる。

・速い!!!!

Webアプリって開発のフローが大抵はDB=>Model=>Controller=>Viewってなるんだけど実はDB設計の時点で半分くらい終ってる。Webアプリ作るならここの勉強が必須!!そのためにもDBができればScaffoldコマンド
だけで取りあえず動くRailsのような環境が理想。JavaだとDB設計から実際にViewに行くまでに時間がかかりすぎる。

・しつこいくらい速い!!!!!!

スクリプトだからソース書き換えたら即反映される(Developmentモード)。Javaのデプロイみたいな作業はいらない。アプリケーションが動き出すまでのスピードも、動き出した後のスピードも、Railsの方が圧倒的に速い。

・きっと覚えるのも速い!!!!!!!!!!!

とりあえずRailsのルールに乗っ取っていれば、ORMとかMVCとか詳しく知らなくてもアプリケーションは動く。そして動くと解る。解ると覚える。

・いたれりつくせり

Ajax?すぺしゃるじぇねれーたとか使えば一瞬じゃん。MVCモデル?MVCに従わずにRailsなんて使えません。Test?じゃあTestモード使おう。リファクタリング?じゃぁスクリプト言語の方がいいですよね。はじめてのWebアプリをJavaでつくる意味ってなんだろう??

1 comments in legacy system
2006年04月28日 shinya さん

大賛成♪

1 trackbacks in legacy system
2006年05月03日 続:Webコミ班のプログラミング演習 - Road to me ...

Road to me ... | Webコミ班のプログラミング演習 Railsでやりたいなぁ〜とか言っていたけれど、IT月例を見ていると、マッシュアップが...