野村ホールディングスのリーマン・ブラザーズ買収に思う

破産したリーマン・ブラザーズのアジア・パシフィック地域部門と欧州・中東部門を、日本の野村ホールディングスが買収することが決定したようです。

アメリカ本体の投資銀行業務はイギリスの大手銀行バークレイズが買収するとのことで、リーマン騒動も一区切りついたようですね。

野村ホールディングスは22日、経営破たんした米リーマン・ブラザーズの日本を含むアジア・パシフィック地域部門を買収することで同社と基本合意した、と発表した。

野村は今回の基本合意により、リーマンのアジアにおける株式、債券、投資銀行部門の3部門を買収し、3000人超の雇用や事業インフラを引き継ぐ。ただ、リーマンのトレーディングに関連する資産と負債は買収しない。

野村がリーマンアジア部門を買収、欧州部門も優勢に | Reuters

日本を始めアジアのリーマンの優秀な人材を獲得し、実績のある事業を引き継ぐことになったことを受け、この買収は市場にも好感を与えたようで、野村ホールディングスの株価も上昇しています。

野村ホールディングスは23日、経営破たんした米リーマン・ブラザーズの欧州・中東地域の株式・投資銀行部門を買収することで基本合意したと発表した。アジア部門の買収に続き、欧州・中東部門を手に入れることで、海外の基盤強化につなげる。

野村が買収するのは、欧州・中東地域の株式と投資銀行部門。リーマンは同地域で約6000人の従業員を抱えるが、野村はこのうち約2500人の雇用を引き継ぐ。リーマンの債券部門は買収後の効果が小さいとの判断から、買収の対象としなかった。

野村もロンドンを中心に欧州・中東で株式や債券の引き受け、トレーディングのほか投資銀行業務を約2000人体制で行っている。リーマンの業務を買収して引き継ぐことで、欧州・中東のマンパワーは倍増する。

野村HD、リーマンの欧州部門買収で基本合意 | Reuters

欧州では債券部門は買収対象とならなかったようですが、こちらでも2,500人の雇用を引き継ぎ一気に人員が倍増するとのこと。急激な人員増は不安な面もありますが、この地域での野村ホールディングスの存在感は一気に高まることでしょう。

また三菱UFJがモルガン・スタンレーの筆頭株主になるというニュースもあり、日本金融業界がアメリカの金融業界の危機を救った形になったということでしょうか?

三菱UFJフィナンシャル・グループは22日、米モルガン・スタンレーの普通株式10─20%を取得することで合意したと発表した。三菱UFJFGとモルガン・スタンレーは今回の資本提携により、戦略的な協力関係を構築する。

三菱UFJFGは、モルガンスタンレーに取締役を少なくとも1人派遣をする方向で検討することでも合意した。

三菱UFJ、Mスタンレーに最大約9000億円出資へ | Reuters

金融業界が再編され、米投資銀行最大手のゴールドマン・サックスでさえもビジネスモデルを変えて来た中で、日本企業が長い暗黒の時代から抜け出すチャンスを得ようとしています。

米投資銀行首位のゴールドマン・サックスと2位のモルガン・スタンレーが米国で銀行持ち株会社に移行することになった。

邦銀関係者からは「借入金を膨らませて高収益を上げてきたハイ・レバレッジ(てこの原理)のビジネスモデルは終わった」との声も漏れ、GSやモルスタが生き残りのために、米国の商業銀行の買収に走るとの見方も出ている。

米金融界は、半年前には想像もしなかったテンポで、マーケットから再編を迫られている。この先の再編の形を今回の2つの投資銀の対応が、指し示している可能性が高い。

GSとモルスタが銀行持ち株会社に、投資銀行モデル終えん | Reuters

これからアメリカ政府が火消しに走り回ることになるでしょうが、アメリカを含めて金融業界全体としては新しい時代を切り開く準備を整えつつあるように感じます。

日本がこけた時はまだ小学生だったので当時の状況はよく分かりませんが、優秀な頭脳を埋もれさせずに資金的な制約さえクリアしてやれば、きっと新しい時代は切り開けると信じています。

これを大きな転換点として、日本にだぶついている資金が世界をめぐり、日本の経済もいい方向に進んでくれるといいですね。

あとは政治だけなのだよ、麻生君。