障害発生 → 障害対応 → 障害発生 → 障害対応 ...

この1週間は、新サービスリリース直前にも関わらず、某サービスの障害対応でテンテコマイでした。

言語もDBもサーバ環境もほとんど把握できていない状況で、ユーザさんから痛烈な批判を浴びながらもなんとか乗り越えられたのは、同僚のサポートと、前任者が残してくれた充実したドキュメント、そして批判の中に(ほんとちょっとだけ)まじった暖かいユーザさんからの応援のおかげでした。

応援してくれたユーザさんに感謝の言葉を返すことはできないのだけれど、その分今後も続くであろう障害対応とシステムの改善、そして機能追加でお答えしなければ。

数百人のエンジニアにたかだか数人のエンジニアが立ち向かうには、まだまだ技術力もセンスも余裕も足りないけれど、それでもちゃんと対応しつづけていけば技術力も上がるしセンスもついてくるし、余裕も持てるようになる。そして何より応援してくれる人も増えてくる。

そんなことを体感した1週間でもありました。

本当に、みなさんありがとうございます。


ps.
事態が落ち着けば、怒ってくれるユーザさんがいるのもありがたいことだと思えます。
ただ、本当に障害対応まっただ中の状況では、マジで凹む...

これからも応援よろしくお願いします!!