同志社を、研究室を、そして学生を、卒業しました。

1997年に同志社高校に入学してからはや10年。かわった部分もあれば、かわらない部分もある僕ですが、昨日同志社大学院の卒業式を終えてきました。

卒業式では、八田学長の

あなたはこれまでに、何人の人を幸せにしてきましたか?
あなたはこれまでに、何人の人を許してきましたか?

という言葉が、深く印象に残りました。自分はまだまだ未熟だと思い知らされる、それでいて自分をいまより幸せな場所へ導いてくれる、そんなメッセージです。

その後教授から学位記を受け取り、ひとしきり写真を撮られて、僕の同志社の学生としての、最後のイベントが終わりました。

今思うと、高校の3年間は、好きなことをすることの楽しさと、好きなことを見つけることの難しさを教わっていたのかなと思います。

大学の4年間は、ちょっと時間を無駄にしてしまったりした時期もあったけど、なんだかんだでいい研究室に入ることができました。

大学院の3年間(内1年休学)は、たくさんの先輩/同期/後輩たち、そしてすばらしい先生方と出会い、多くの経験をさせてもらいました。最適化とかウェブとかベンチャーとかNPOとか、とりあえず片っ端から手を付けて、手が回らなくなったこととかもあったけど。。。

これからまた新たなフィールドに移りますが、それぞれみんなフィールドは違えど、どこかでつながっていければと思います。ビリヤード、飲み会含め。

みなさん、長いようで短い数年間でしたが、どうもありがとうございました。
またあいましょう。