手紙

photo
手紙 (文春文庫)
東野 圭吾
文藝春秋 2006-10
売り上げランキング : 910
おすすめ平均 star
starドラマの脚本?
star差別について考える
star暗くて深く重いストーリー
starおもしろいと思わなかった読者側の意見
star人間の罪は許されるのか。贖罪とは

秘密 (文春文庫) 分身 (集英社文庫) 片想い (文春文庫) 白夜行 (集英社文庫) 幻夜 (集英社文庫 (ひ15-7))

by G-Tools , 2008/09/10

「兄が強盗殺人を起こしてしまった!!」
そんな衝撃的な事件から話は始まる。

殺人犯の弟としての差別や偏見を経ながら、傷つき、沈み、落ちていく彼。
底辺から這い上がろうとする度に、足を引っ張る獄中の兄の存在。

「あなたなら、隣の部屋の住人の兄が殺人犯だったとき、自分の教え子の兄が殺人を犯したとき、何ができますか?」と、強烈に問いかけられる小説です。

そして「何もできない」ことを思い知らされる。

2 comments in legacy system
2007年01月09日 kenji さん

俺もこれ読みましたよ~.
ちょっと重い題材ですが投げかけられるその状況状況は
とても大切なもので考えさせられることが多い一冊でしたね.
東野圭吾は最近読み始めましたが,結構いい作品が
多いみたいで,次は「容疑者Xの献身」を読みたいな~と
思ってます.

2007年01月09日 nov さん

ホウホウ、じゃぁそれ読んだら貸して♪

1 trackbacks in legacy system
2007年06月03日 「手紙」東野圭吾著、読んでみました。 - 男を磨く旅

  「手紙」東野圭吾著、読んでみました。「東野圭吾」15作目です。かなり重い内容ですし、楽しい話じゃ無いんですが、作者の力量もありどん...