MacBookにWindowsXPをインストール

諸事情によりMacBookにWindowsXPをインストールしました。
インストールは楽チンだったです。

1.BootCampダウンロードしてきて
2.インストールして
3.BootCampたちあげて(アプリケーション→ユーティリティ→BootCamp)
4.CD-R入れてドライバCD作って
5.WindowsXPのCDを入れてWindowsXPをインストール(果てしなく長く青い画面を見つめる)
6.XPが立ち上がったら4で作ったドライバCD入れてMacintoshDriversをインストール(最後の方で結構確認を求められるが、全部OKにする)

これで終了。ここまでは、OSインストール途中「全角/半角」キーを押せずに日本語キーボードが選択できない以外は、特に問題なし。

Apple Store(Japan)

OSインストール後Yokomumu's Contents メッセージボードを参考に英語キーボードの設定を日本語キーボードに変更して、KbdApple -MacBookキーボードドライバ (WindowsXp SP2用)を入れれば完璧!!っだったはずなのだが、「レジストリの追加に失敗しました」といわれてKbdAppleのインストールは失敗した。残念ながら¥マークは入力できず。

念のため英語キーボードを日本語キーボードに変更する方法をメモっておく。

1) スタートメニューの「ファイルを指定して実行」を選びます
2) 「RegEdit.exe」と入力し、OKボタンを押します
3) 「マイコンピュータ」というルートの下にある「HKEY_LOCAL_MACHINE」を選びます
4) 更に「SYSTEM」→「CurrentControlSet」→「Services」→「i8042prt」→「Parameters」と辿って行きます。
5) 右側のペインに値の一覧が表示されます
6) その中の「LayerDriver JPN」の値を確認します

もし、日本語キーボードを使っているのに「KBD101.DLL」等になっている場合は、以下の方法をお試しください。
※レジストリの変更を伴いますので、ご注意ください

・「LayerDriver JPN」キーの値を「KBD106.DLL」に変更
・「LayerDriver KORキー」の値が「KBD101A.DLL」となっている事を確認
・「OverrideKeyboardIdentifier」キーの値を「PCAT_106KEY」に変更
・「OverrideKeyboardSubtype」キーの値を「2」に変更
・「OverrideKeyboardType」キーの値を「7」に変更