野村ホールディングスのリーマン・ブラザーズ買収に思う

破産したリーマン・ブラザーズのアジア・パシフィック地域部門と欧州・中東部門を、日本の野村ホールディングスが買収することが決定したようです。

アメリカ本体の投資銀行業務はイギリスの大手銀行バークレイズが買収するとのことで、リーマン騒動も一区切りついたようですね。

野村ホールディングスは22日、経営破たんした米リーマン・ブラザーズの日本を含むアジア・パシフィック地域部門を買収することで同社と基本合意した、と発表した。

野村は今回の基本合意により、リーマンのアジアにおける株式、債券、投資銀行部門の3部門を買収し、3000人超の雇用や事業インフラを引き継ぐ。ただ、リーマンのトレーディングに関連する資産と負債は買収しない。

野村がリーマンアジア部門を買収、欧州部門も優勢に | Reuters

日本を始めアジアのリーマンの優秀な人材を獲得し、実績のある事業を引き継ぐことになったことを受け、この買収は市場にも好感を与えたようで、野村ホールディングスの株価も上昇しています。

野村ホールディングスは23日、経営破たんした米リーマン・ブラザーズの欧州・中東地域の株式・投資銀行部門を買収することで基本合意したと発表した。アジア部門の買収に続き、欧州・中東部門を手に入れることで、海外の基盤強化につなげる。

野村が買収するのは、欧州・中東地域の株式と投資銀行部門。リーマンは同地域で約6000人の従業員を抱えるが、野村はこのうち約2500人の雇用を引き継ぐ。リーマンの債券部門は買収後の効果が小さいとの判断から、買収の対象としなかった。

野村もロンドンを中心に欧州・中東で株式や債券の引き受け、トレーディングのほか投資銀行業務を約2000人体制で行っている。リーマンの業務を買収して引き継ぐことで、欧州・中東のマンパワーは倍増する。

野村HD、リーマンの欧州部門買収で基本合意 | Reuters

欧州では債券部門は買収対象とならなかったようですが、こちらでも2,500人の雇用を引き継ぎ一気に人員が倍増するとのこと。急激な人員増は不安な面もありますが、この地域での野村ホールディングスの存在感は一気に高まることでしょう。

Read more