My iTunes

これをAppleがやるかぁ。。

こういうのは、Appleがやってもはやらなさそう。Last.fmのパーツに似てるが、iTunes使いこなしてないと貼ろうとすらしないだろうし。

ってか、僕が買った曲って、古い曲ばっかだね。いまiTunesに入ってる最新の曲が、三日月です。


Wikipediaにみる同志社高校

なんとなくWebを見てたら、Wikipediaの「同志社高等学校」のページを見つけてしまったのだが、その紹介文が面白かった。

まずは良い感じの紹介で始まる。

学校法人同志社が経営母体の男女共学校である。 高校入試において共学では関西を代表する難関校である。系列校でも一番難易度が高い。

ふむふむ。確かに中学の時、関西の共学で一番上に「同志社高校」って書いてあった。

で、チャペルの紹介があるのだが...

2008年4月25日 - チャペル舞台側壁吹きつけ材より、総重量の0.1%超の石綿(トレモライト)含有部材の使用が判明し、チャペルの使用禁止処置をとる。

まじかよ!!
3年間通い続けてたのですがぁ...

Read more

Studying English, Haskell, OpenID and Ruby ...

英語、Haskell、OpenID、Ruby ...

いま個人的に勉強しているもの。でもすべてコンスタントにはこなせていない。

一番コンスタントにこなせそうなのが英語で、それはiKnow!のおかげ。

他の3つに関しても、iKnow!みたいなスケジュール管理とかしてくれるアプリがあればいいのに。

自分で何か入力しないとスケジュール管理できないTODOアプリとかって、やっぱダメだと思うんだ。

まるで僕らは仕事してるのに、報告が無いとそれを把握できないマネージャーの要に(笑
まぁ(進捗管理&人事評価担当としての)マネージャーが人間(しかもたった一人の)であることが、そもそも間違っているのだが。

しかしRuby勉強アプリとか作ったとして、制限付きのインタプリタはまぁ実装するとしても、コンテンツってどうするべ?

Read more

iKnow! で、英語学習再開。

ここ2ヶ月半程ずっと放置していた英語学習を、本日再開しました。iKnow! で。

iKnow! ったらこの2ヶ月半でOpenID対応やらインタフェース変更やらいろいろしてて、ちょこちょこアクセスしてもそっちに気を取られて英語学習させてくれなかったんだもの。

と、さぼってた言い訳。

iKnow! のお問い合わせフォームが非常に快適だったので、ドリコムブログのお問い合わせもそのうちあんな風にしたいなと思った。

でもJavaじゃやる気しねぇよぉ...

プログラミング用の席を確保した

最近社内でプログラミング用の席を確保しました。テスターさんの為に確保されたスペースの隅っこに、勝手に。

僕の会社はエンジニアと営業が向かい合って机を並べているというありえない環境。

そのため普段プログラミングしてても、営業から声をかけられて集中を切らしてしまうことが多かったのです。

が、テスターさんエリアの隅っこにプログラミング用の席を確保した途端、まるっきり開発効率が変わりました!!

夕方から夜帰るまでの数時間で、それまでの1日分以上のタスクをこなせている気がします。

早く本当の席をここに持ってきたい!

転職EXアフィリエイト@バリューコマース

今年3月にオープンしたドリコムジェネレーティッドメディアの新求人サービス「日本最大級転職情報サイト:転職EX」で、いつのまにかアフィリエイトが開始されてました(驚

ランディングページもすごい細かく分けられていて、1アフィリエイターとしても非常に使いやすくて良い感じ♪

ベタに「初めての転職」とか「未経験」などのカテゴリー別のランディングページから、

CAD、Java、Perl、PHP、Webデザイナーなどのカテゴリー別のランディングページまで、

Read more

OpenID勉強会@ドリコム恵比寿オフィス

瀧内さんの呼びかけ(OpenID勉強会のお知らせ - Hello, world! - s21g)で開催されたOpenID勉強会に行ってきました。会場はドリコム恵比寿オフィス。

rakutoさんによるOpenID動作原理と、ZIGOROuさんによる「5分で分かるOpenID」講座、その他OpenIDとその周辺のあるべき姿についての議論など、13:00〜17:00頃まで休憩を1度だけはさんで勉強会が行われました。

僕もちょうどいまOpenID対応のサービスを作っているものの、動作原理やら仕様の詳細までは全然理解できていなかったので、ちょうど良い勉強の機会になりました。ありがとうございましたm_ _m

勉強会については、すでに滝内さんとrakutoさんがレポートしてます。

OpenID勉強会レポート - Hello, world! - s21g

Young risk taker.: 瀧内メソッドで開催された第0回OpenID勉強会に第一回はない

masuidriveさんのhatana_bookmark_anywhere.jsがいい感じ♪

京の路はそれほどでも無いのですが、RAILS PRESSでは結構はてぶされることが多いです。

たまにコメント付きのはてぶもあるのですが、ブログ本体側にはほとんどコメントもらえません。

はてぶ、恐るべし。

で、そのはてぶコメントをブログ側に表示させるというスクリプトを、masuidriveさんが公開されてました♪

masuidrive on rails - ブログにはてブのコメントを表示するhatana_bookmark_anywhere.js

masuidrive on rails - ブログにはてブのコメントを表示するhatana_bookmark_anywhere.js


Read more

FriendFeed + ALERT THINGYが惜しい!

FriendFeedはしばらく前から使っていて、最近ようやく他の人をSubscribeしだしたので、今日からALERT THINGYを使いだしてみました。

ALERT THINGYはAdobe Airベースのアプリケーションなのですが、ウィンドウが透過したり、細部のアイコンなんかもMacっぽくていい感じです。

が、なんか惜しい...

  • 「リンゴキー+w」でウィンドウが閉じない
  • 日本語が使えない
  • Twitterのつぶやき中のリンクが直接踏めない

あと、このツール使うのにユーザ名とAPI Keyの入力を求められるのだが、最初API Keyの取得方法が分からずにはまった。(ってか最初はKeyの所にパスワード入れてた...汗)

Read more

チャンピオンリーグ準決勝はイングランド勢ばっかり。

チャンピオンリーグ準々決勝のダイジェストを見たのだが、準決勝に残った4チーム中、3チームがイングランド勢らしい。

リバプール、チェルシー、マンチェスターユナイテッドのイングランド勢に、唯一スペインのバルセロナが食い込んでいる。イタリアはどこも残っていない。

特にどこも思い入れのあるチームは無いので、あとは日本でクリスティアーノ・ロナウドを見たいくらい。

それにしても、イングランドは数年前から急激に大型補強をしだしたのが、ようやくチーム力につながったのか。

スペインとイングランドに押されて、イタリアはどんどん目立たなくなっていってしまっているなぁ。。

まるで、アジアの中での日本のようだ。

のんびりとHaskellをはじめた

先日Haskell本を買って、昨日初めてHaskellのコードを書いた。

本に載ってる最初のサンプルレベルで、まだ関数型とかそんな雰囲気を感じることも無いレベルだけど、ここまでの感じではHaskellってRubyやPerlよりCやJavaに近い感じ。

mainがあったり、型をちゃんと気にしないといけなかったり。

コンパイルしたらデフォルトでa.outができるのも、ずいぶん前にそんな言語に触れたような触れなかったような。。。ターミナルで自分で書いたプログラムをコンパイルしたのなんて、どれくらいぶりだろう?

putStrとprintで引数の制約が違うのには違和感を感じる。

main = do cs <- getContents
          print  $ length $ lines cs
          putStr $ length $ lines cs -- This Line has Error!!

でも、JavaやCと比べれば、まだずいぶんとなじみやすい。

main = putStrLn "Hello World!!"

って1行だしね。

MacBookにHaskellコンパイラのGHCをインストール

ふつうのHaskellプログラミング ふつうのプログラマのための関数型言語入門
ふつうのHaskellプログラミング ふつうのプログラマのための関数型言語入門

昨日Haskell本が届いたので、さっそく今日からHaskellで遊びだしました。

今日は朝と夜の電車で本を読んで、帰って来てからHaskellコンパイラのGHCをインストールしてHello Worldまで。

mainという関数名を久しぶりに見ました。
関数定義に「=」使うのが違和感ありますね。

main = putStrLn "Hello world!"

Read more

保育園生活

小学校の先生なんていうマニアな選択の末、嫁が働きだした。

朝7時過ぎに家を出て行く嫁と、置き去りにされる大人1人子供2人。
朝7時半にしっかり元気な子供2人と、コーヒーを求めさまよう大人1人。

そして8時には家を出て保育園に向かう。
近くの奥様方は、ベランダから手を振って応援。

スターだからな、子供2人は。
朝帰りで有名だからな、大人1人は。

でも「最近パパ頑張ってるね」って、近所の主婦に評判らしいんだ。

スターになる日も近い。

Amazonでものすごい本が売れた1日

昨日の夜に8冊程本棚に眠っていた本をAmazonに出品してみたら、今日1日で4冊も売れた。

売り上げ的には5,000円弱なので、1ヶ月のアフィリエイト売り上げにも満たないくらいだけれど、これだけ売れると新しい本も買いやすい。

で、新しい本を2冊購入。

photo
ふつうのHaskellプログラミング ふつうのプログラマのための関数型言語入門
青木 峰郎
ソフトバンククリエイティブ 2006-06-01
売り上げランキング : 3258
おすすめ平均 star
star関数型言語入門の決定版
starHaskellに触れるにはこの本からが良いと思います。

入門Haskell―はじめて学ぶ関数型言語 プログラミング in OCaml ~関数型プログラミングの基礎からGUI構築まで~ プログラミングGauche プログラミングErlang 計算機プログラムの構造と解釈

by G-Tools , 2008/09/12

photo
計算論 計算可能性とラムダ計算 (コンピュータサイエンス大学講座)
高橋 正子
近代科学社 1991-08
売り上げランキング : 62616
おすすめ平均 star
star十分難しい
star入門書として最高の一冊

計算モデル論入門―チューリング機械からラムダ計算へ (Information Science & Engineering (F5)) Schemeによる記号処理入門 計算理論の基礎 The Seasoned Schemer 圏論の基礎

by G-Tools , 2008/09/12

2冊で5千円強。
中古で売ること想定すると、実質は2冊で1,000円くらい。

必要なのだけ残すようにすれば、意外に安いもんだ。

Read more

別れても忘れないこともあるように...

大切な人との別れ。
それは、忘れられないもの。

大切な人との出会い。
それは、かけがえのないもの。

4月1日は入社式。
少ないけれど、後輩が増えた。
嘘で覆われた1日だったが、これが大切な人達との出会いの日であることは、真実であって欲しい。

そして仲間が増えたことで、覚えられないことも増える。
そう、それは彼らの名前。

思えば研究室に入った時は、全員の名前を覚える頃には雪が舞っていた。
思えばドリコムに入ってから、まだ全員の名前を覚えられたことがない。

別れても忘れられないこともあるように、
出会っても覚えられないものもある。

Read more