卒論発表会1日目

朝、なんとか間に合う。

昨日夜中の3時に方向転換した後輩君は、無事方向転換に成功していた模様。

ところで、世の中にはPCクラスタはマスターにしかOSが入っていないと考えている人もいるようだ。ビックリ!!

女の子はあまり突っ込まれないだろうと予想していたのだが、どうやら某先生はご機嫌斜めだったようで、キビしめの突っ込みが目立ったかな。

「そのプログラムは行数いくらくらい?」ってのは、絶対女の子に聞いては行けない質問だと思う。

発表会後の全体ゼミでは、ドクター3人の卒業スピーチが。
Dr.トリオは全員内部生。
聖書のお話はひさしぶりに聞いた。

ちなみに、僕の記憶に残った聖書の言葉は..

Read more

仮想世界での大学運営

最終学歴はカリフォルニア州立大学Second Life校?--教育界が注ぐ仮想世界への熱い視線 - CNET Japan

アメリカでは大学に入学する学生数が増えすぎて、教室が足りないというのが問題になってるらしい。日本とは真逆だ。

日本では、大学が一人の学生を獲得する為のコストがあがっていくので、仮想世界を使った大学見学などがはやるのかもしれない。

仮想世界では、言葉の壁を取り除けば留学や単位互換なんかも簡単だ。

仮想世界であるからこそ、教育の質はごまかせなくなるのかもしれない。