Dashboardを高速化する

こんな記事を発見して、早速試してみた。

Macworld: Mac OS X Hints: Speed up Dashboard

  1. Finderで「ホームディレクトリ -> ライブラリ -> Caches -> DashboardClient」へ
  2. そこにあるすべてのディレクトリを削除
  3. ゴミ箱を空にする
  4. Dashboardを再起動(わかんなきゃOS再起動でw)

iTermなら

rm /Users/yourusername/Library/Cache/DashboardClient/*
killall Dock

いままでWidgetTermの立ち上がりがもっさりしてたのが、すごい高速化されました♪

Read more

quitDOCK::Dashboardを再起動するWidget

WidgetTermでポートフォワーディングしてると、スリープから回復した時に接続切れてるのにポートが解放されてないという状況が、ずっと起こっていた。

いつもはiTermで

killall DashboardClient

と打ってたのだが、今日はすばらしいWidgetを発見!!
すべてのWidget(というかそれを管理してるDashboard)を再起動する為のWidget。
その名もquitDOCK。

アップル - Mac OS X ダウンロード - Dashboard ウィジェット - quitDOCK

quitwidget.jpg


え、quitWidgetじゃないのって?
一応Dockを再起動するWidgetで、Dashboardが再起動されるのはその副作用みたいなモノのようだ。

でも、絶対quitWidgetの方がいいよねぇ〜?

本日の進捗

昼頃学校に到着。
まずは昨日の勢いを維持すべく修論に取りかかる。
2〜3時間ほど修論にかじりついてまた5ページほど書き進め、トータル12ページまで到達した後、IGAの実験で絵本を作成。
その後GECCOの直しが一部帰って来たので、そのまま惰性でGECCOに取り組み、7ページだったものを8ページにしあげる。

順調順調。
明日修論のMOCKの説明までの部分まで、日本語のおかしなところを訂正し、図表と参考文献を入れてチェック第一弾をお願いする予定。
おそくなってすいませんm_ _m

としわすれ おもひだしては ふですすむ

大晦日まで、あと2日。

Read more

本日は英語から逃避して日本語で

修論5ページ進んだぜぃ!!
現在7ページで、あと1.5〜2ページくらいでMOCKの説明は終わる予定。

決してワザと理解できないように書いてる訳では無いけど、なかなかに訳の分からなさが漂う文章です。
まずクラスタとエッジの"interestingness"とかが意味分からんやろな。

明日はIGAの実験のため研究室に行きます。
研究室メンバーからも「良いお年を」と言われる回数が増えてますが、まだまだみんな来てますね(w