イグ・ノーベル賞

とあるアルバイトでカラオケを発明した井上さんのポスターみたいなのを作った時に知ったイグ・ノーベル賞。「人々を笑わせ、考えさせてくれた研究」に贈られる、なかなかに面白い賞なんです。

asahi.com : 愉快な研究にイグ・ノーベル賞 日本人受賞は11人

受賞研究は「キツツキはなぜ頭が痛くならないのか」(鳥類学賞)、「乾燥スパゲティを曲げると、しばしば二つより多い部分に折れてしまうのはなぜか」(物理学賞)、「だれも目を閉じていない集合写真を撮るには、何枚撮影すればいいか」(数学賞)など素朴な疑問に答えるテーマが多い。研究自体は極めてまじめだ。

asahi.com : 「教師に聞こえない携帯着信音」にイグ・ノーベル平和賞

ユーモアにあふれ、科学への関心を高めた研究に贈られる「イグ・ノーベル賞」の06年の受賞者が5日発表され、平和賞には高周波雑音発生装置「モスキート」を発明した英国のハワード・ステイプルトンさんが選ばれた。
これは、若者しか聞き取れない高周波の雑音を発して、街にたむろする若者を追い払うための装置。だが、その技術が「教師に聞こえない携帯電話の着信音」として欧米で大ブレークし、米国では今年に入って「モスキート着信音」を使って教室で携帯電話をかける若者が増え、社会問題に発展しているほど。新たな若者文化をつくったことなどが評価された。

グーグルSpreadsheets使ってみた

グーグル、「Google Docs & Spreadsheets」ベータを発表 - CNET Japan

Googleが、オンラインのワードプロセッサアプリケーションと表計算プログラムを組み合わせた、新しいウェブベースの生産性アプリケーションを提供開始した。同社はこの新製品を擁して、市場での足場を固める意向だ。

というので、GoogleSpreadsheetsを初めて使ってみた。が、グラフ作成機能が無いので、現時点では僕にはエクセルの表をHTMLに変換することくらいしか使い道が無いことが分かった。

グラフが作成できて、APIが提供されてれば、Webベースでの解析シミュレーションのデモとかが簡単にできるなぁ〜と思ったんだけど、それはもう少し先のことになるようだ。

京の路のPageRankがあがってた

最近なんかアクセス増えたなぁ〜と思ってたら、4/14の時点で2だったPageRankが3にあがってた。タグクラウドは4にアップ。

NovWikiのPageRankが5!? | 京の路

でも検索はGoogleよりYahooからのアクセスが多い。

Biancaも一時パスワード制限をかけていたせいでPagerank 0になってたけど、3まで復活。

北朝鮮の核実験に対する国連の動き

asahi.com : 対北朝鮮制裁決議、週内採択見通し 中ロが容認姿勢

北朝鮮の核実験発表を受け、ロシアは10日の国連安全保障理事会で、米国が提示した国連憲章第7章に基づく決議草案を了承する考えを明らかにした。中国も条件つきで米案の主要部分について賛成する方針だ。安保理でもっとも慎重だった両国が容認の姿勢をみせたことで、北朝鮮に対する制裁決議は週内にも採択される見通しが強まった。

中国とロシアがアメリカに歩み寄り、武力行使に関する項目以外は大筋でアメリカの草案が採択されそうな感じらしい。

一方で、マジックを1にしていた中日はついに優勝した。

RailsのProduction環境でErrorを管理者にメールで自動通知する方法(ErrorMail on Rails)

アプリケーションを本番環境に移行すると、ブラウザではエラーの詳細が表示されませんし、ユーザはエラーの発生を教えてくれる訳ではありません。そこでエラーが発生したときには、エラーメッセージの内容を、管理者へ自動的にメールしてくれると助かります。

今回はRailsでエラーメッセージを自動送信する方法についてです。内容はRails本に書いてある通りだけど。

RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発
RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発前田 修吾

オーム社 2006-02-25
売り上げランキング : 14017

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Joel on Software Life Hacks PRESS ~デジタル世代の「カイゼン」術~ ライド・オン・Rails Ruby on Railsを徹底攻略 プログラミングRuby―達人プログラマーガイド Rubyレシピブック 268の技

まず、Railsでエラーが発生した場合、必ず呼ばれるメソッドが、

rescue_action_in_public(exception)

です。こいつをオーバーライドすることで、エラーメッセージを送信できるようにしてやります。

Read more