Epic 2016 (Root'06)

2006年、僕たちはまだ変化のはじまりの中にたたずむ小羊のようだった。
これはそんな頃の僕が描いた2016年のEpic(叙事詩)である。

2003年、僕らがWebに取り込まれる運命となる事件が起こった。Friendsterという小さなSocial Networkの始まりである。

それまで僕らは国籍や学歴、好きな食べ物から思い焦がれる女の子まで、自分が抱えるIdentityはすべて自分の心にしまっていた。もちろん心の安泰や生活のために、たまにはそれらを外に出すこともあったけれど。しかしFriendsterはそんな僕らに少しだけ変化を与えた。それまで就職活動といえば数ある企業の中からお目当ての企業を探しだし、エントリーという作業を行った上で、各企業の採用担当者と面談なんかを繰り返してお互いのIdentity理解につとめてきた。けれどもFriendsterは僕らのIdentityのうち、仕事に関係するものをすべてWeb上に吐き出させて、僕らと企業をマッチングするサービスをはじめたのだった。今思えば、Friendsterの誕生は、小さいけれど、確かな一歩だった。

このEpicを書いた僕が過ごしていた2006年には、Social NetworkはSocial Mediaと呼ばれるようになり、Web2.0なんて言葉がもてはやされていたんだ。このころには英語圏の世界だけでなく日本や韓国(このころはこれらの国はまだ英語圏に含まれていなかった)までもが様々なSocial Mediaを生み出していた。そう、日本じゃmixiやGree、はてななんてのが有名になっていた頃で、Drecomっていう京都生まれの会社がWeb2.0企業として株式公開(IPO)したころだ。(そう、いまではみんなが知ってるDrecomも、このころはあのMicrosoftやGoogleなんかの足下にも及ばない企業だったんだよ)言い換えればこの時代はSocial Mediaの乱立戦国時代だった。あらゆるサービスがSocialだとかWeb2.0だとかいう言葉をキーワードにして、いままでとは違うサービスに生まれ変わろうとしていた。そしてそういったサービスは僕らのIdentityをあらゆる面でWebに吐き出しはじめていたんだ。みんなこの頃は次々に生み出されるサービスを覚えて、それらの名前を知っているかどうかが1つのステータスになっていたっけ。

Read more

もうmixiもIGAにすればええねん

ソーシャル・ネットワーキングサイト [mixi(ミクシィ)]

GADIGAとかPDIGA(だっけ?)とかが入ると本当にソーシャルなんですけど。