一山越えたかな?

まず一つ目の山を越えた感じ。
越えても越えても目の前にあるのは次の山ですが、今回の山はなかなか高かった気がする。
さてと、もう一山だ!!